プロジェクトについて

 ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」は国の補助事業です。

 ニホンザルは優れた認知能力、穏やかな気質など、高次脳機能研究に適した特性を有しています。本プロジェクトの目的は,このようなニホンザルを飼育下で繁殖し、病原微生物学的に安全で、馴化の進んだ実験用モデル動物として,国内の研究者へ安定的に供給する体制を構築することです。

事業推進のための4つの柱

1. 研究用サルの繁殖・飼育事業
2. 研究用サルの供給事業
3. 研究者への実験動物福祉と動物実験の適正化の啓発、一般への情報発信
4. ニホンザルに関する種々の基礎的データの蓄積(解剖学、生理学、分子生物学、生化学、獣医学)

→運営組織へ


→プロジェクト年表へ


→飼育頭数推移へ


→これまでの供給実績へ


将来の目標

将来に向けて、サルの繁殖施設の拡充と多くの研究者へ安定して供給ができる体制作りを行っていかなければならないと考えています。また、実験動物としての質の向上、人への馴化がし易いといったような、研究用モデル動物としての付加価値をつけていくことも重要な目標です。